エアコンが効かない(>_<)

異常に暑い日が続いております。
最近、よくエアコンが効かないという お問い合わせをいただきます。
そこで、エアコンが効かない原因をまとめてみました。

1.エアコンやフィルターがよごれている。
フィルターがホコリで目詰まりしていると、風のとうりが悪くなるので、効きが悪くなります。
エアコンの効きが悪いなと感じたら、まずはフィルターのチェックをしてみましょう。

フィルターを掃除しても変わらない場合は フィルターの奥にある熱交換器と呼ばれる部分の汚れや送風口の奥のファンの汚れが原因かもしれません。その時は業者にエアコンクリーニングを依頼しましょう。

2.室外機や、まわりに原因があるかも
冷房を使用している時、部屋の暑い空気を室外機から外に放出しています。
室外機のまわりに物を置いたり、カバーなどでふさいだりしていませんんか?室外機まわりには、物を置かないようにして熱の放出ができるようにしておきましょう。

室外機に直射日光が当たるような場所では、室外機自体の温度が上昇し、熱の放出がしにくくなります。
室外機自体の温度を下げる為に、上から水をかけるという方法もありますが、室外機に直射日光が当たらないように、日除けを作りましょう。

室外機の横や後ろの面に見えている、アルミで出来ている部分が汚れで目詰まりしていても効きが悪くなるので、ブラシなどでアルミの目に沿って、ホコリなどを除去しましょう。
簡単なので、わざわざ業者に頼むほどではありあせん。

3.冷たい風がでない ガス漏れ
冷たい風が全く出ない場合もあります。上記のような場合は冷たい風は出ているが、効きが悪い時です。

冷房運転しているのに、生ぬるい風しかでてこない時は、ガス漏れの可能性があります。
冷媒ガスが漏れてると、エアコンは冷えません。
エアコンを使用している時に、フィルターの奥の熱交換器や室外機の銅のパイプに白い霜が付いていると、ガス漏れしている証拠です。

このような症状が出ている時は、修理業者に依頼する必要があります。

☆☆☆エアコンクリーニングの詳細はこちら☆☆☆

その他、京都のハウスクリーニングはこちらへ
http://sh-clean.jp