パナソニックのお掃除機能付きエアコンのクリーニング 京都市で!

昼間は汗をかくぐらい暑くなってきました。
暑がりの僕には、辛い季節がやってきました(笑)

まだ、本格的に使うには早いかもしれませんが、もうすでにエアコンクリーニングの注文が増えてきております。
いざ、毎日エアコンを使うようになってから、臭いがきになったり・送風口にカビが、、、
「業者にエアコンクリーニングを頼もう!」という方が多いと思いますが。

6月、7月はエアコンクリーニングの繫忙期なので、業者にお願いしてもなかなかすぐにはきてもらえないということもあります。
なので、繁忙期をさけて使う前にお願いされたほうがスムーズにすみそうです。

さて、本日は京都市でパナソニックのお掃除機能付きエアコンのクリーニングをしてきました。
お掃除機能付きのエアコンとは、エアコン本体の中でフィルター掃除を自動でしてくれるのです。
もうかれこれ、このタイプのエアコンがではじめて10年ぐらいたちますかねー。

なかには、電気屋さんにすすめられ、よく分からず買われた方もおられますが、見分け方としては、リモコンに手動お掃除メニューにフィルター掃除などというのがあります。
よく勘違いされるのが、内部クリーンというのがリモコンにありますが、それはエアコンないぶを乾燥させる機能で、フィルター掃除機能とはちがいます。

お掃除機能付きエアコンは今までのように、フィルター掃除をしなくてもいいというメリットは確かにありますが、もちろんデメリットも
あります、例えばキッチンの近くに設置してあったり、喫煙をされる部屋では、油やタバコのヤニもすいます、フィルターに油やヤニがつくのはもちろんですが、その汚れまでは綺麗になりません。

なので、そういう場所でお使いのエアコンについては、フィルターをご自身で外し、洗う必要があります。
あと、エアコン本体の中にダストボックスというのがあり、そこにホコリをためるタイプの機種があります。
そのタイプのエアコンはダストボックスにホコリがたまってきたら、それを掃除する必要があります。

そして、自動フィルター掃除機能付きであっても、エアコン内部の熱交換器は汚れますし、送風口・吹出し口もカビが生えて、汚れたりはするので、分解清掃が必要になります。
自動フィルター掃除機能付きのエアコンは分解するのも大変なので、クリーニング代も高くなります。

しかし、年々自動フィルター掃除機能付きのエアコンが増えてきているのが現状です。
本日の自動フィルター掃除機能付きエアコンはパナソニックのでした。
他メーカーに比べると、分解が複雑なので僕も最初はとまどいました(笑)
なかには、パナソニック・シャープなどの複雑な機種は断られている業者さんもおられます。そんな時はエスエイチクリーンへ!http://sh-clean.jp
画像の説明
さあ、動作確認も済んだので分解をしていきます。
画像の説明
一つづつ部品を外します。こんなにもたくさんの部品がはずれます。
画像の説明
部品を外し熱交換器を洗浄しました。
画像の説明
真っ黒だった吹出し口も洗浄後はこんなにも綺麗になりました。

***エアコンクリーニング***
***家庭用エアコン自動フィルター掃除機能付きエアコン***