グリストラップ清掃

グリストラップとは

飲食店や業務用調理場からの厨房排水に含まれる油分・残飯・他ゴミなどを分離、阻止、収集する為の装置です。
それにより、油分・残飯・他ゴミが直接下水に流れるのを防ぎます。

定期的に清掃が必要です。

油分・残飯・他ゴミを一時的にためておく場所です。もし、そのままにしておき放っておくと。。。

■悪臭がします
油分・残飯・他ゴミが貯められたグリストラップからは、もちろんのこたながら悪臭・異臭がします。
特に夏場はとんでもない臭いがします。その場で働いている人達の気分もそうですが、お客様が持たれるお店のイメージにも影響しかねません。

■害虫が発生します
排水管・排水溝・排水槽は害虫の発生原因になります。これまで、当社で清掃させて頂いたグリストラップ内からも、既に害虫が発生してたのも多々あります。もし、大事なお店の中をゴキブリがはったり、コバエが飛び回ったりなんて、考えたくもないですよね。

■水漏れ・逆流がおこります
グリストラップの清掃をせずに放っておくと、だんだんと排水管に油分が固着していき、流れが徐々に悪くなっていきます。さらには完全に排水管が油分で詰まり排水されないようになり、逆流してグリストラップから、
汚水が漏れてきます。

以上の様に放っておいてもデメリットしかありませんので、清掃しましょう。

業者じゃなくても出来る清掃

もちろん、業者に頼むとプロなんで綺麗になりますが、業者のようにはいかなくても、できることはあります。

□ゴミうけのバスケットの掃除をしましょう
グリストラップ内の鉄で出来たバスケットと呼ばれる、箱型のものがあります。この中には、油のかたまりや・残飯その他ゴミがたまりますので、
最低でも、週に一回はバスケット内の清掃をすると汚れの進行を遅れさす事ができます。

□うわずみをすくいましょう
バスケットの掃除をしたついでに、グリストラップ槽のうわずみの汚れをすくいましょう。槽のなかには水と同時に油分なども混ざってます。
ひしゃくなどを使うと、浮いてる油分や沈殿物をすくうことができます。

作業手順

画像の説明

こちらは、二か月に一度清掃させていただいてるさせていただいてる、カフェのグリストラップです。


画像の説明

二か月分の汚れです。しかし、二か月分放置しているわけではなく。週に一回はお客様が、バスケットの清掃をされています。それでも、ここまで汚れます。


画像の説明

バスケット内もゴミを取り除き、綺麗にあらいます。


画像の説明

バスケット清掃後はピカピカになりました。


画像の説明

グリストラップ内の油分や沈殿物・ゴミなどを出来るだけ掬い取り、その後は綺麗な水と入れ替えました。このタイプは底が浅いので、ここまで綺麗になりました。



上の画像は、カフェのグリストラップです!40cm×80cm×30cm  ¥20000-
大きさにより料金がかわりますので、まずはお問い合わせください。

0120-983-901