エアコン編

なぜエアコンは掃除が必要なのか?

簡単に言いますと、エアコンは部屋の空気を取り込んで、その空気の温度を変えて、送風口(吹き出し口)から風を送っています。
なので、自然に部屋のホコリも吸い込みます。だからフィルターが汚れるのです。
例えば、キッチン近くにあるエアコンは料理で使用する油なども吸いますし。部屋で喫煙すればその煙も吸い込みます。

全てのホコリがフィルターで防げているわけではありません。

画像の説明

その結果、写真の様にエアコン内部の熱交換器と呼ばれる部分にもホコリが付着します。
ホコリがたまるほど、余計な電力がかかり電気代の増加につながりますし、もちろん効きも悪くなります。
それに夏場冷房を使ってると、水が漏れたり・送風口から若干の水しぶきが飛んできたことはないですか?
冷房を使うとエアコン内部は結露します。そしてその水は室外機よこの
ドレンホース(壁面から室外機横にとりつけてある細いジャバラのようなホース)から排出されます。

しかし、定期的に(使用状況・環境にもよりますが2・3年に一度がおすすめです。)クリーニングしないと、内部にホコリがどんどんたまり、水が排出されにくくなり、エアコン本体から水漏れします。

エアコン内部・送風口などが結露するということは それがカビの繫殖する要因にもなります。エアコンを使用するとかび臭いのはそのせいです。
完全には予防できませんが、使用後 送風運転をするか、内部乾燥がついてればそれをすれば、何もしないよりは水分を飛ばす事ができるので、進行を遅れさすことが可能です。

上記の様なてんから、汚れたエアコンを使用していると、汚れた風を吸っていることになりますし、電気代の増加とデメリットしかありません。

自動フィルター掃除機能付きエアコンは何もしなくていいは、間違いです

この業界ではあるあるなのですが、お客様とお話ししていると 電気屋さんが「このエアコンは10年間何もしなくていいですよ」「掃除の必要が全くないですよ」と聞いたから 買われたと。
お掃除機能のついていない、エアコンだとご自身でフィルターをはずして
洗う必要があります。
自動フィルター掃除がついていても、何もしなくていいということではありません。
自動フィルター掃除がついている エアコンでもメーカーによっては、
フィルターのほこりを、エアコン内部のダストボックスに取り込む機種
もあります。

その、ダストボックスに取り込まれたホコリは、取り外して掃除しなければいけません。
その手間は、従来のフィルターを外して掃除する手間と そこまで差はないと思います。

それと、ダストボックスの掃除だけではなく お掃除機能付きは機械がブラッシングや吸引でフィルターの掃除をするのですが、どの機種も完璧に
取り切れているわけではありません。

なので、ご自身で取り外して掃除しないと年々 フィルターがめずまりしていきます。
毎年、エアコンクリーニングに伺うと 既にホコリがたまりすぎてて、お掃除機能が全く働いてないのもあります。

特にキッチン近くに設置してあるエアコンは、キッチンからの油を吸い込みますので、フィルターに油が付きホコリと混じると、自動フィルター掃除しても綺麗になりにくいです。喫煙されるお部屋も似たようなことになります。

上記のような環境に設置しているエアコンは、特にマメに取り外して、掃除する必要があります。
自動フィルター掃除付きエアコンだからと、何年も放っておくと フィルターはめずまりして、熱交換器もホコリがたまり、効きも悪くなりますし
電気代もかかりますし、故障の原因にもなりかねません。

自動フィルター掃除機能付きエアコンも定期的にフィルターやダストボックスのお掃除はしてくださいね。

エアコン水漏れ

エアコン内部の汚れが原因で、エアコン本体からポタポタと水漏れすることがあります。冷房を使用すると、室温は高いのにエアコン内部は冷えている為に、水滴ができます。
前面カバーをあけて、フィルターを外すと熱交換器と呼ばれる、アルミの部分がみえます。そこに水滴ができます。
そしてその水滴は、ドレンパンというお皿に落ちてそのまま、ドレンホース(室外機横にある細いホースです。)から排出されます。

しかし、エアコンの内部に汚れが溜まってくると、スムーズに水が排出されにくくなります。ドレンホースを見て頂ければわかると思いますが、
とても細いホースなので、汚れを放っておくと結果詰まります。
そして、ドレンホースが汚れで詰まってしまうと、本来外に排出される水が流れなくなり、どんどんドレンパンに溜まっていきます。
その、溢れた水がエアコン本体から漏れてくるというわけです。

他にも、ドレンホースの出口から、虫やゴミ・土などがはいり、外側で詰まるというケースもありますので、ドレンホースまわりはスッキリさせときましょう。詰まったままエアコン冷房を使用してても水漏れは解消されませんので、早急に治しましょう。
この、詰まりの解消方法はホームセンターで売っている、ドレンホースクリーナーという注射器のようなのを使うといいですよ。もしくは、エアコンが汚れているというサインなので、エアコンクリーニングをしてもらうついでに、治してもらうと一石二鳥ですね。
注・ほとんどの水漏れの原因はドレンホースの詰まりですが、なかにはエアコンの傾きや、部品の破損などがあります。

ドレンホース汚れ

上の汚れは喫煙されてる部屋のエアコンが水漏れをおこしてて、詰まりを解消したときに出てきた汚れです。ホースからヘドロのようなのがでています。これが原因で詰まってました。

室外機は掃除するの?

室外機

室外機も室内機と同じように様に、業者に頼んで掃除してもらった方がいいの?という質問をよくうけます。答えはNOです。
室外機が汚れていると汚い空気が室内エアコンからでてくるの?
こちらも答えはNOです。
よく色んな業者さんが室外機も一緒に掃除したほうがいいと、すすめられているみたいですが。

そこまでする必要はありません。室外機は例え汚れていたとしてもエアコンからのカビや臭いの原因にはなりません。
室外機は室内のエアコンに熱を送ったり、室内のエアコンの熱を放出するものなので、直接風のやり取りは行われてません。

なので、外観が汚れていても室内のエアコンには影響ありません。
しかし、熱交換器と呼ばれるところがホコリなどで汚れてると、掃除したほうがいいです。

室外機熱交換器

写真は室外機の裏側、アルミ部分のとこです。こちらが熱交換器と呼ばれる部分です。この部分が埃や汚れで目詰まりしていると、室外機の働きが悪くなるので、柔らかいブラシなどでアルミ部分の目に沿ってとりのぞきましょう。それと、同時に室外機のまわりもホウキではくなどして、スッキリさしときましょう。ポイントは3ヶ所!室外機前面・後面・周り!
室外機の周りや熱交換器が汚れていると、余計な電気代がかかりますので、スッキリさせて節電しましょう。

というように、室外機のお掃除は簡単にできますので、わざわざ業者に頼む必要はありません。まして、分解清掃で高額な料金をとる業者には気をつけましょう。
しかし、エスエイチクリーンのメニューにも室外機清掃がありますので、
ご自身で出来ない方はご依頼ください。